家賃収入で生活を安定させたい|賢い収益物件の選び方

高利回りの物件

お金

運営費を考える

収益物件は、家賃収入で利益が上げられる物件のことを言います。しかし、収益物件の取得の際、家賃収入があるかどうかだけでは判断できません。取得にかかるさまざまな費用の計算をし、その費用と予想できる収入とを考えて、いわゆる利回りがどの程度期待できるかどうかを知る必要があります。しかし収益物件の利回りでは、ひとつ厄介なことがあります。それは表面利回りと実質利回りの違いです。表面利回りは、言ってみれば大まかな利回り予測で、よく物件紹介などで記載されている数値です。一方、実質利回りは実際のランニングコストなどをすべて含めた上での利回りの数値です。収益物件の購入を検討する際、見るべきは実質利回りです。表面利回りがたとえ高かったとしても、それは実際のランニングコストが計算に入っていない数値です。なので運営にどれだけ費用がかかるかを計算した実質利回りを参考にしたほうがより安心なのです。

不確定な要素をよく見る

とりわけ地方の収益物件には、不確定な要素が多くあります。都市部に比べて空室率が高い傾向にある地方物件は、にもかかわらず満室稼働であれば高い利回りが期待できるという触れ込みで売られていることが多いのです。また収益物件はいずれは売却するということも併せて考えておいた方が良いでしょう。その際、空室リスクの高い物件は売却することが難しくなってしまうので、注意が必要です。収益物件では、そうした流動的なリスクをよく考えることが大切です。一時的には高い利回りが期待できる物件であっても、流動的なリスクが高かったりすると、将来的に同じ利回りが得られるかどうかは不確定なことになってしまいます。そうした点にはくれぐれも注意するようにしましょう。