家賃収入で生活を安定させたい|賢い収益物件の選び方

物件の売却

集合住宅

売却を考える

家賃収入などで利益を得ることができる収益物件ですが、利益を得る方法は家賃収入だけではありません。いわゆるキャピタルゲインで、物件を売却することでも利益を得ることが可能です。収益物件は、いつまでも家賃収入が安定的に得られるというわけではありません。建物が老朽化したり、周辺に新しい物件が建設されたりすれば、空室率が上昇してしまうということもあります。空室率の上昇は、家賃収入の不安定を意味します。もし、収益物件がそのような状況に陥ってしまったら、物件を売却することを考えてみましょう。売却することで得られる利益は、決して小さなものではありません。収益物件では、土地の価格も込みで計算される物件もあるからです。土地の価値は建物の価値と比べて落ちないので、インカムゲインよりもキャピタルゲインの方が大きくなることも十分に考えられるのです。

不動産買取業者選び

収益物件を売却する際には、不動産買取業者の協力を得る必要があります。物件を売却するには、主に二つの手段が考えられます。一つは、不動産買取業者に直接買い取ってもらう方法で、もう一つは仲介によって不動産業者に売却の仲立ちをしてもらうという方法です。物件を買取してもらうのと、仲介してもらうのでは、事情が少し異なってきます。買取の場合、その場ですぐに売却ができ、資金調達が簡単にできるという点がメリットです。一方、仲介の場合は、物件の買主が決まるまで時間がかかり、すぐに資金調達ができるわけではありません。ただ、仲介だとより高値での物件売却も可能なのに対して、買取の場合は仲介手数料がないため価格は控えめになることが一般的です。