家賃収入で生活を安定させたい|賢い収益物件の選び方

間接的な投資方法です

模型と男性

不動産投資をしようと考えているのであれば、中古ワンルームマンション等に直接投資をするのではなく、収益物件を保有している事業会社に投資をするというのも1つの選択肢です。倉庫会社や上場不動産投資信託のスポンサー企業に注目しましょう。

詳細

高利回りの物件

お金

収益物件には利回りという数値が設定されています。しかし表面利回りと実施う利回りには開きがあることが多く、より実際的な数値に近い実質利回りを参考に見ていくと失敗しません。不確定な要素を見極めることも大切です。

詳細

初心者のための不動産投資

集合住宅

利便性の良い物件が必要

不動産投資を行う場合に一番大事なのが収益物件を手に入れることです。収益物件というのは家賃収入を上げることができる物件のことです。収益物件には住居系、事務所系、テナント系といった種類があります。住居系というのはアパートやマンションです。事務所系というのはオフィスビルです。テナント系というのは店舗や倉庫などです。はじめての不動産投資なら、アパートやマンション経営が向いています。オフィスビルなどは賃貸期間が長期間にわたるので収益率も高くなります。アパートやマンションの収益物件を探すコツは、利便性が良いということです。駅から徒歩圏内で、近くに商業地があるような場所です。このような場所にあるアパートやマンションは間違いなく収益物件といえます。

収益率を上げる中古物件

収益物件のアパートやマンションを所有できれば、不動産投資は半ば成功したも同じです。ただし注意が必要なのは購入価格です。あまり高い値段で購入すると、いくら賃貸の収入があったとしても収益率が低くなります。不動産投資で収益を上げるコツは、安い投資で大きく儲けるのが基本です。そのためには必ずしも新築物件にこだわる必要はなく、中古で状態の良い物件も視野に入れるべきです。また手持ち資金が少ない場合は、一棟マンション投資ではなく区分投資という方法もあります。マンションの一室だけを購入して賃貸に出すのです。初期投資が少なくて済むので、収益物件を購入すれば収益率は良くなります。区分投資ならサラリーマンでも投資が可能になります。

物件の売却

集合住宅

収益物件は、インカムゲインだけでなくキャピタルゲインのことも考えてみましょう。土地付きの収益物件であれば、たとえ経年していても高い売値で売却できることもあります。不動産業者にも種類があるので、違いをよく把握しておきましょう。

詳細